HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会  令和六年五月例会報告  兼題 薄暑各種ソフィア会

ソフィア俳句会
令和六年五月例会報告
兼題 薄暑

2024年06月03日

五月例会は予定通り23日に開催され、会員相互の意見交換も活発に行われました。
句会代表の根来久美子氏、会員の畔柳海村氏、山田知子氏による選句、及び自薦句は以下の通りです。

会場

神奈川県民センター 1501会議室

参加者

14名

兼題

「薄暑」

五句出句 十句選

   

根来久美子 選

(特選)

青嵐まるごと纏ふ只見線

まつ子

池の葉の陽をゆりかごに青蛙

陽花

山の神定めしところ筍生ふ

(並選)

空港に祈祷室あり薄暑光

百合子

南国の夜店に光る虎魚の目

百合子

はてこれは恋やもしれぬ夏みかん

深雪

遠くからすぐに見つかる夏帽子

海村

奈良町の軒の猿揺れ薄暑なる

占爐

山荘の開かずの扉緑さす

陽花

雑巾を固絞りする五月かな

都代子

雲映し風の撫でくる代田かな

まつ子

筍の土の湿りの和毛かな

畔柳海村 選

(特選)

潮の香も供す薄暑のカフェテラス

久美子

本閉ぢて窓を開くや夕薄暑

マロニエや幼き頃はお転婆で

ちあき

(並選)

遊行寺へあと一息や坂薄暑

ザザ虫

小走りに渡る歩道や街薄暑

ザザ虫

塩梅を試す一粒らつきよ漬

ザザ虫

緑陰にシチリアレモン山積に

ちあき

白い花街に野に満つ五月来る

ちあき

池の葉の陽をゆりかごに青蛙

陽花

湯上りの素肌薄暑の縁側に

陽花

紅薔薇を映す老いの目幼き目

買ひたての下駄で床屋へ薄暑かな

さむ

評判のパン屋へ急ぐ町薄暑

まつ子

山田知子 選

(特選)

山寺の鐘の音ぬるく薄暑なる

占爐

薔薇垣の隙間で交はす会釈かな

海村

雑巾を固絞りする五月かな

都代子

(並選)

紅薔薇を映す老いの目幼き目

薔薇に棘少し控へて貰へんか

青嵐まるごと纏ふ只見線

まつ子

雲映し風の撫でくる代田かな

まつ子

はてこれは恋やもしれぬ夏みかん

深雪

潮の香も供す薄暑のカフェテラス

久美子

本閉ぢて窓を開くや夕薄暑

粽解く楽しみありてまた一年

さむ

新茶汲む香りも音も淹れて汲む

海村

遊行寺へあと一息や坂薄暑

ザザ虫

今日の一句(自薦)

花嫁と父の歩調や新樹光

久美子

(根来久美子 80文国)

本閉ぢて窓を開くや夕薄暑

(五十嵐克至 60法法)

奈良町の軒の猿揺れ薄暑なる

占爐

(鈴木顕一 62文哲)

牛糞を軽トラ一杯村薄暑

ザザ虫

(小池拓夫 64法法)

薔薇の花箱より出でて水を得る

都代子

(坂井都代子 66文英)

青嵐まるごと纏ふ只見線

まつ子

(中岡昭子 67文教)

ベランダに一鉢増やす薄暑かな

(後藤洋 68理物)

ロワールに古城の数多麦の秋

海村

(畔柳文雄 68理物)

池の葉の陽をゆりかごに青蛙

陽花

(野地陽子 69外英)

梅雨の月不随の友と長電話

さむ

(新山修 71経経)

マロニエや幼き頃はお転婆で

ちあき

(國司千晶 74文仏)

空港に祈祷室あり薄暑光

百合子

(門倉百合子 75文独)

一万歩超えられさうな薄暑かな

深雪

(岩瀬深雪 78外独)

あく抜きを待つ筍や夜も更けて

知子

(山田知子 79文国)


【次回例会】

日時:

6月27日(第4木曜) 12時開場12時10分投句締切

場所:

ソフィアンズクラブ

兼題:

「五月雨」「さみだれ」「さみだるる」「さつきあめ」
解説 旧暦五月に降る長雨。梅雨は雨の降る時期も含むのに対して五月雨は雨のことのみをさす。

ソフィア俳句会の最新情報

2024年06月03日

ソフィア俳句会
令和六年五月例会報告
兼題 薄暑

2024年05月13日

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年04月09日

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年03月04日

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

2024年02月05日

ソフィア俳句会
令和六年一月例会報告
兼題 除夜の鐘または去年今年

>> ソフィア俳句会 団体概要ページ