HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会  令和六年四月例会報告 兼題 囀各種ソフィア会

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年05月13日

四月例会は予定通り25日に開催され、会員相互の意見交換も活発に行われました。
句会代表の根来久美子氏、会員の鈴木占爐氏、岩渕弥生氏による選句、及び自薦句は以下の通りです。

会場

上智大学ソフィアンズクラブ会議室

参加者

17名

兼題

「囀」

五句出句 十句選

   

根来久美子 選

(特選)

淋しさの白の澄みゆく夕ざくら

陽花

翠嵐の白神山地囀れり

大空へふりむきもせず巣立ちけり

百合子

谷戸それぞれ静かに高く囀れり

翌日に名前出てきて四月尽

さむ

(並選)

入社式背広の釦二つ止め

まつ子

確かなる囀りの中磨崖仏

まつ子

囀りを集め大樹の根張りかな

まつ子

先輩の遊びをじつと入学児

香文

風吹けばのたりのたりと八重桜

香文

手を打てば翔び発ちさうな花辛夷

囀りや五百羅漢の顔と顔

巡礼もこの花の道辿りしか

明子

散る花の風の気まぐれなぞりつつ

さむ

遠足の必ず列をはみ出る子

海村

鈴木占爐 選

(特選)

人の世は廻り灯籠飛花落花

弥生

四阿に四方山話花の雨

久美子

散る花の風の気まぐれなぞりつつ

さむ

(並選)

会津路の暮れてぜんまいわつぱ飯

手を打てば翔び発ちさうな花辛夷

囀りや耳とほき耳傾けて

音立てて開く正門朝桜

久美子

大の字は土手の醍醐味あげひばり

久美子

水底に揺れる日差しや蝌蚪の紐

抱く子の顔を隠すや藤の房

えんやーさやーれん神輿かついで大陽気

東耀

人生の色はパレット花万朶

陽花

熊手かき足裏めざとく汐干狩

岩渕弥生 選

(特選)

四阿に四方山話花の雨

久美子

遠足の必ず列をはみ出る子

海村

(並選)

猛禽の退けば囀り戻りたる

占爐

囀や幼き恋のはなやぎて

占爐

春暁やノートルダムの鐘の音

ちあき

囀や朝の勤行始まりぬ

ちあき

会津路の暮れてぜんまいわつぱ飯

巡礼もこの花の道辿りしか

明子

囀や補聴器とふもの授かりて

海村

囀りや村ゆく皆のあたたかし

占爐

先輩の遊びをじつと入学児

香文

翌日に名前出てきて四月尽

さむ

今日の一句(自薦)

音立てて開く正門朝桜

久美子

(根来久美子 80文国)

抱く子の顔を隠すや藤の房

(五十嵐克至 60法法)

囀や幼き恋のはなやぎて

占爐

(鈴木顕一 62文哲)

囀りをあまねく包む樟大樹

(鈴木榮 64経経)

囀りに応へる如く鳩時計

弥生

(岩渕弥生 64外英)

囀りを集め大樹の根張りかな

まつ子

(中岡昭子 67文教)

海胆が好き含みて抜くる海の香よ

怜子

(和高怜子 67文新)

会津路の暮れてぜんまいわつぱ飯

(後藤洋 68理物)

遠足の必ず列をはみ出る子

海村

(畔柳文雄 68理物)

インドサリー風をまとはせ花衣

陽花

(野地陽子 69外英)

土手に咲くたんぽぽの花寅恋し

東耀

(鄭東耀 69文史)

巡礼もこの花の道辿りしか

明子

(中村明子 70文史)

花筏柩つぎつぎ戦場に

さむ

(新山修 71経経)

囀や地球は丸いかも知れず

ちあき

(國司千晶 74文仏)

大空へふりむきもせず巣立ちけり

百合子

(門倉百合子 75文独)

囀の清けき朝や見合ひの日

深雪

(岩瀬深雪 78外独)

風吹けばのたりのたりと八重桜

香文

(田中香文 79文国)

次回例会

5月22日(第4木曜) 11時開場12時投句締切
場所:横浜県民センター 1501号室
兼題:「薄暑」

ソフィア俳句会の最新情報

2024年05月13日

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年04月09日

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年03月04日

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

2024年02月05日

ソフィア俳句会
令和六年一月例会報告
兼題 除夜の鐘または去年今年

2024年01月12日

ソフィア俳句会
令和五年十二月例会報告 兼題 冬の衣類全般

>> ソフィア俳句会 団体概要ページ