HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会  令和六年三月例会報告 兼題 椿各種ソフィア会

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年04月09日

三月例会は予定通り28日に開催され、会員相互の意見交換も活発に行われました。
句会代表の根来久美子氏、会員の五十嵐克氏、野地陽花氏による選句、及び自薦句は以下の通りです。

会場

上智大学ソフィアンズクラブ会議室

参加者

13名

兼題

「椿」

五句出句 十句選

   

根来久美子 選

(特選)

小流れの水のためいき落椿

ザザ虫

春昼やプジョーゐさうな石畳

ちあき

御神火のしづもる島の椿燃ゆ

ひつそりと日差しまとふや藪椿

占爐

初音して句の推敲の三度四度

(並選)

山鳩のこゑやはらかに森の春

さむ

壁龕に今夜は椿歌劇場

さむ

寅彦を忘るる頃の落椿

残雪や茅葺き屋根に火伏せ文字

枝先に色を探して花待てり

香文

松生ふる庭に一樹の紅椿

知子

白椿雨後の陽ざしに透きとほる

弥生

故郷は残る墓のみ桜蕊

五十嵐克 選

(特選)

山鳩のこゑやはらかに森の春

さむ

残雪や茅葺き屋根に火伏せ文字

野の風に揺るる三寸つくしんぼ

陽花

マーマレード煮つめる香り春の宵

弥生

(並選)

手のひらをひろげて受けぬ春の雪

百合子

御神火のしづもる島の椿燃ゆ

五島列島そこここ椿とマリア像

弥生

胸を張り指先ぴんと卒園児

香文

浅信心たまご目当ての復活祭

さむ

春の空仰ぐ襟首頼りなく

ちあき

春休み補助輪外す日の近し

香文

蔵まちの門々を舞ふ彼岸獅子

野地陽花 選

(特選)

御神火のしづもる島の椿燃ゆ

枝先に色を探して花待てり

香文

残雪や茅葺き屋根に火伏せ文字

一輪の椿茶会に届けたり

百合子

(並選)

屋久杉の苔むす島の朧月

学童の大利根渡し花菜風

山鳩のこゑやはらかに森の春

さむ

八重椿落ちて波紋や二重三重

ウクライナ・ソフィア会起ち風光る

百合子

長閑けしや猫駅長は三代目

胸を張り指先ぴんと卒園児

香文

椿咲く島に新卒教師かな

ザザ虫

今日の一句(自薦)

箸先に香る点描青菜飯

久美子

(根来久美子 80文国)

八重椿落ちて波紋や二重三重

(五十嵐克至 60法法)

ひつそりと日差しまとふや藪椿

占爐

(鈴木顕一 62文哲)

御神火のしづもる島の椿燃ゆ

(鈴木榮 64経経)

マーマレード煮つめる香り春の宵

弥生

(岩渕純子 64外英)

小流れの水のためいき落椿

ザザ虫

(小池拓夫 64法法)

残雪や茅葺き屋根に火伏せ文字

(後藤洋 68理物)

野の風に揺るる三寸つくしんぼ

陽花

(野地陽子 69外英)

壁龕に今夜は椿歌劇場

さむ

(新山修 71経経)

春昼やプジョーゐさうな石畳

ちあき

(國司千晶 74文仏)

ウクライナ・ソフィア会起ち風光る

百合子

(門倉百合子 75文独)

胸を張り指先ぴんと卒園児

香文

(田中香文 79文国)

松生ふる庭に一樹の紅椿

知子

(山田知子 79文国)

次回例会

4月25日(第4木曜) 12時開場12時10分投句締切
場所:ソフィアンズクラブ会議室
兼題:「囀」

ソフィア俳句会の最新情報

2024年05月13日

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年04月09日

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年03月04日

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

2024年02月05日

ソフィア俳句会
令和六年一月例会報告
兼題 除夜の鐘または去年今年

2024年01月12日

ソフィア俳句会
令和五年十二月例会報告 兼題 冬の衣類全般

>> ソフィア俳句会 団体概要ページ