HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会  令和六年二月例会報告 兼題 春時雨各種ソフィア会

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

2024年03月04日

二月例会は予定通り22日に開催され、会員相互の意見交換も活発に行われました。
句会代表の根来久美子氏、会員の後藤洋氏、くにしちあき氏による選句、及び自薦句は以下の通りです。

会場

上智大学ソフィアンズクラブ会議室B.C

参加者

17名

兼題

「春時雨」「春驟雨」 

五句出句 十句選

   

根来久美子 選

(特選)

春時雨第二志望の門くぐる

深雪

紙風船突けば青色空の音

幸子

透かし見る海苔の青さや厨窓

ザザ虫

瞬きは人あたためり春の星

紅梅も白梅も咲く一周忌

百合子

(並選)

辻地蔵の供華一輪に初蝶来

荒ぶるも憎めぬ一日春一番

あなたそこ土手に一声蕗の薹

怜子

春一番過ぎてうす紙昼の月

都代子

離婚記念日は今年も春驟雨

深雪

春時雨うすむらさきの靴を履く

ちあき

三寒の谷戸を四温の水の音

観音の頬のしづくや春時雨

まつ子

後藤洋 選

(特選)

とぎ汁のにごり美し水温む

ちあき

夕日さす富士の裾野のふきのたう

明子

観音の頬のしづくや春時雨

まつ子

梅一枝添へて祝ひの書状かな

久美子

(並選)

透かし見る海苔の青さや厨窓

ザザ虫

固き土柔らぐほどの春時雨

ザザ虫

安曇野の湖を残して白鳥引く

ザザ虫

梅園の近しを悟るかをりかな

海村

ふふみける紅き莟に春の雪

海村

音立てて眼張の骨をしやぶりけり

海村

名残雪ワイパーゆるりローカル線

幸子

熊笹の揺れる音して名残雪

幸子

老幹の皮一枚の梅の花

春時雨若き木戸番怨めし気

さむ

紅梅も白梅も咲く一周忌

百合子

あなたそこ土手に一声蕗の薹

怜子

くにしちあき 選

(特選)

春時雨第二志望の門くぐる

深雪

安曇野の湖を残して白鳥引く

ザザ虫

夕日さす富士の裾野のふきのたう

明子

(並選)

校門に紅梅二輪ひらきをり

明子

来し方をほめられし日や春一番

百合子

ふんはりと雲を浮べて春の湖

ザザ虫

髪の香のゆるく包まれ春時雨

久美子

鎌倉を落着かせたる春時雨

春時雨縄文遺跡を息づかせ

怜子

浄瑠璃の耳に残りて春時雨

幸子

ふふみける紅き莟に春の雪

海村

今日の一句(自薦)

団子屋に杵のリズムや梅ふふむ

久美子

(根来久美子 80文国)

啓蟄や円空佛の彫る佛

(五十嵐克至 60法法)

朝の道うつすら湿り春時雨

占爐

(鈴木顕一 62文哲)

深酒の味ことさらの蜆汁

(鈴木榮 64経経)

透かし見る海苔の青さや厨窓

ザザ虫

(小池拓夫 64法法)

遠くより梅の香かよふ風の嵩

都代子

(坂井都代子 66文英)

三毛猫は髭を舐めをり春時雨

まつ子

(中岡まつ子 67文教)

名残雪ワイパーゆるりローカル線 

幸子

(稲田幸子 67文教)

春めくやお返しは二個ゆで卵

怜子

(和高怜子 67文新)

鎌倉を落着かせたる春時雨

(後藤洋 68理物)

梅園の近しを悟るかをりかな

海村

(畔柳文雄 68理物)

山麓の茶畑抱く霞かな

明子

(中村明子 70文史)

春一番川下りする野球帽

さむ

(新山修 71経経)

春時雨うすむらさきの靴を履く

ちあき

(國司千晶 74文仏)

春泥や曳尾塗中の亀の行く

百合子

(門倉百合子 75文独)

告白にご免をくらふ春驟雨

深雪

(岩瀬深雪 78外独)

雨戸開け眼射る朝日や春きざす

香文

(田中香文 79文国)

次回例会

3月28日(第4木曜) 12時開場12時10分投句締切
場所:ソフィアンズクラブ会議室A.B
兼題:「椿」

ソフィア俳句会の最新情報

2024年05月13日

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年04月09日

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年03月04日

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

2024年02月05日

ソフィア俳句会
令和六年一月例会報告
兼題 除夜の鐘または去年今年

2024年01月12日

ソフィア俳句会
令和五年十二月例会報告 兼題 冬の衣類全般

>> ソフィア俳句会 団体概要ページ