HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 令和五年七月例会報告 兼題 虹各種ソフィア会

ソフィア俳句会
令和五年七月例会報告 兼題 虹

2023年08月03日

七月例会は句会代表の根来久美子氏、会員の鈴木榮氏、田中香文氏による選句、及び自薦句は以下の通りです。

会場

上智大学ソフィアンズクラブ会議室

参加者

14名

兼題

「虹」

五句出句 十句選

根来久美子 選

(特選)

考へるための歩幅や小判草

都代子

その言葉すとんと胸に心天

都代子

涼しさや水出し茶器の薄みどり

一生に余生などなし百日紅

弥生

出立の朝の吉祥二重虹

海村

(並選)

新居への荷に一巻きの青簾

海村

先触れの土のにほひや夕立来る

海村

朝虹や標高千の露天の湯

陽花

朝虹や湾に一番船の水尾

陽花

熱帯夜やり過ごしジヤム厚く塗る

さむ

テラスより「虹だあ」と夫若やぎて

さむ

散水の庭の応ふる俄か虹

青年の跣の指の白さかな

ちあき

ようやつと老若男女が暑気払ひ

深雪

電柱の影にもすがる酷暑かな

香文

鈴木榮 選

(特選)

青田風二輌電車の遅々と行き

占爐

丑の日のけむり胃の腑をわし掴み

海村

電柱の影にもすがる酷暑かな

香文

(並選)

一生に余生などなし百日紅

弥生

夕虹や六十年目の同窓会

弥生

朝虹や湾に一番船の水尾

陽花

蟇鳴けり邪馬台国の謎解けず

陽花

母に買ふ南部風鈴聴き比べ

深雪

「はずれだな」言ひつつ食らふ西瓜かな

深雪

徒馴れし谷戸に雨くる半夏生

梅雨明けや海への線路眩しけり

知子

かたつむり世間に何と言はれても

久美子

田中香文 選

(特選)

涼しさや水出し茶器の薄みどり

丑の日のけむり胃の腑をわし掴み

海村

(並選)

首に巻く溽暑の風のねつとりと

久美子

毒々しきシロップ並べ海の家

久美子

放水の轟きに虹ひそと添ひ

久美子

炎帝の切れし堪忍袋の緒

海村

新居への荷に一巻きの青簾

海村

虹消えてキーボード音戻り来る

知子

膝下の伸びてこの夏追ひ抜かれ

知子

日焼けして水辺の児らの目のギョロリ

占爐

散水の庭の応ふる俄か虹

暑き日の水琴窟の音のゆくへ

今日の一句(自薦)

見開きしまなこに各々の虹が

久美子

(根来久美子 80文国)

国境を大きく分けて虹かかる

占爐

(鈴木顕一 62文哲)

夜濯やガレージに干す旅衣

(鈴木榮 64経経)

夕虹や六十年目の同窓会

弥生

(岩渕純子 64外英)

その言葉すとんと胸に心天

都代子

(坂井都代子 66文英)

紫陽花や阿夫利嶺厚き雲を抱き

(後藤洋 68理物)

炎帝の切れし堪忍袋の緒

海村

(畔柳文雄 68理物)

朝虹や湾に一番船の水尾

陽花

(野地陽花 69外英)

熱帯夜やり過ごしジヤム厚く塗る

さむ

(新山修 71経経)

髪洗ふロマの女や夾竹桃

ちあき

(國司千晶 74文仏)

双頭の龍の山越へ虹となり

百合子

(門倉百合子 75文独)

母に買ふ南部風鈴聴き比べ

深雪

(岩瀬深雪 78外独)

虹出れば会ふ人皆に教へたし

香文

(田中香文 79文国)

膝下の伸びてこの夏追ひ抜かれ

知子

(山田知子 79文国)

次回例会

日時:8月24日(第4木曜) 12時開場12時10分投句締切
場所:ソフィアンズクラブ会議室
兼題:「新涼」 涼新た 秋涼し 秋涼

ソフィア俳句会の最新情報

2024年07月05日

ソフィア俳句会
令和六年六月例会報告
兼題 五月雨

2024年06月03日

ソフィア俳句会
令和六年五月例会報告
兼題 薄暑

2024年05月13日

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年04月09日

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年03月04日

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

>> ソフィア俳句会 団体概要ページ