上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込みENGLISH
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 令和三年三月例会(メール句会)報告

ソフィア俳句会
令和三年三月例会(メール句会)報告

2021年04月16日

今月もメール句会となりました。多数の参加を得、名誉教授・大輪靖宏先生の丁寧なご指導、俳句会代表の根来久美子氏のご尽力により成立しました。先生方の選句及び自薦句は以下の通りです。

参加者

二十七名

兼題

「水温む」(みづぬるむ)「温む水」三句出句七句選

大輪靖宏選

(特選)

ドロップの淡き草色水温む

陽花

薔薇の芽や門出近づく十八歳

陽花

母牛に子牛まとはり花菜風

陽花

水温む河ゆるやかに蛇行して

久美子

さん付けで呼び合ふ夫婦春深し

久美子

何処より木琴の音水温む

ちあき

桜草いもうと欲しき頃のこと

ちあき

水温むしぶき飛ばして厨ごと

知子

水温むアボカドやつと芽を出せり

知子

カーテンの形に踊る春の風

花吹雪駆け来る子らの声眩し

手水舎の水の温さや檀那寺

洗ひ場の飯食む真鯉水温む

ベランダの籠の中より囀れる

健二

野辺の香のほのと土筆の卵とぢ

都代子

丹沢もあめふり山も笑ひ初む

仰ぎ見る十勝の陽光春スキー

啓子

米を研ぐ手先に伝ふ水温む

占爐

石鹸玉はじけて稚(やや)のまんまる目

幸子

はしやぎ来る仔犬のやうに雪解川

深雪

風信子香を吹くラッパ並びけり

まありい

薪はぜる陶芸窯に春の雷

由貴

剪定の響き心を弾ませて

怜子

(並選)

万物の蠢く響き水温む

美音

月ヶ瀬の流れゆるやか谷朧

美音

謹呈と師の直筆や暖かし

ザザ虫

古井戸は今も現役水温む

ザザ虫

蟹歩きの耕人ふたり麦畑

SPの尖る眼差し冴返る

デイケアの迎へ待つ間に丁字の香

香文

ひたすらに坂道ダッシュ春休み

香文

黄水仙光の庭にすくと立ち

明子

富士を背にしらす初漁波しづか

明子

病より友治り来て水温む

深雪

別れの日花見る母の小さき背

深雪

夕空を二つに割つて春の虹

久々の包丁研ぎや水温む

占爐

水温む親子でズボンたくしあげ

海村

春うれし自走掃除機ルンルンと

さむ

部屋清め草餅つまむふたつみつ

節子

靴はけばもう駆け出す子水温む

弥生

川底に何かの気配水温む

ザザ虫

水温む金色の鯉まつたりと

怜子

一番星瀬戸の磯回の汐温む

物干して丹沢眺むよなぐもり

まつ子

小魚らの思ひさまざま水温む

由貴

根来久美子選

(特選)

あらためて酒呑み直す花疲れ

靖宏

水温みをらむ故郷は過疎なれど

靖宏

何処より木琴の音水温む

ちあき

桜草いもうと欲しき頃のこと

ちあき

ドロップの淡き草色水温む

陽花

花吹雪駆け来る子らの声眩し

石鹸玉はじけて稚(やや)のまんまる目

幸子

(並選)

春雨や家出る用も無きままに

靖宏

謹呈と師の直筆や暖かし

ザザ虫

甲羅干す亀のかんばせ水温む

都代子

靴はけばもう駆け出す子水温む

弥生

SPの尖る眼差し冴返る

蘖やニセアカシアと呼ばれても

健二

みちのくの復興十年水温む

今日の一句(自薦)

あらためて酒呑み直す花疲れ

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

水温む河ゆるやかに蛇行して

久美子

(根来久美子80文国)

あの頃は見合ひの席で桜の湯

節子

(國島節子78外英)

万物の蠢く響き水温む

美音

(向瀬美音82外独)

謹呈と師の直筆や暖かし

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

はしやぎ来る仔犬のやうに雪解川

深雪

(岩瀬深雪78外独)

水温む保育園児の海散歩

啓子

(永井啓子67文新)

波頭光散りばめ水温む

まつ子

(中岡昭子67文教)

ドロップの淡き草色水温む

陽花

(野地陽子69外英)

久々の包丁研ぎや水温む

占爐

(鈴木顯一62文哲)

蟹歩きの耕人ふたり麦畑

(鈴木榮64経経)

池の杙鳥が取り合ひ水温む

健二

(江澤健二60文英)

春うれし自走掃除機ルンルンと

さむ

(新山修71経経)

手水舎の水の温さや檀那寺

(五十嵐克至60法法)

甲羅干す亀のかんばせ水温む

都代子

(坂井都代子66文英)

水牛の草喰む岸辺水温む

弥生

(岩淵純子64外英)

南洲像の背向くる花の東叡山

海村

(畔柳文雄68物理)

池覗き動かぬ子ゐて水温む

香文

(田中香文79文国)

雛あられ色も甘みも妻好み

幸子

(稲田幸子67文教)

薪はぜる陶芸窯に春の雷

由貴

(レイトン由貴80文国)

辿り来て温む水辺やとぐろ蛇

(後藤洋68物理)

何処より木琴の音水温む

ちあき

(國司千晶74文仏)

剪定の響き心を弾ませて

怜子

(和高怜子67文新)

水温むしぶき飛ばして厨ごと

知子

(山田知子79文国)

黄水仙光の庭にすくと立ち

明子

(中村明子70文史)

カーテンの形に踊る春の風

(中村剛66文英)

大福にくちびる埋む花の茶屋

まありい

(吉迫まありい73国際)

次回例会

次回もメール句会になります

締切:4月22日(木)13時(締切厳守!)

兼題:「蝶」

以上

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: