HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 平成三十一年一月例会報告各種ソフィア会

ソフィア俳句会 平成三十一年一月例会報告

2019年02月08日

名誉教授・大輪靖宏先生のご指導のもと、かながわ県民センター会議室にて開催されました。
俳句会代表の根来久美子氏、俳句専門誌「俳句界」の編集長で同窓の河内静魚氏の選も併せてお届けします。

平成三十一年一月例会報告

日 時

一月二十四日(木)十三時~十七時

句会場

かながわ県民センター 会議室

参加者

二十名 兼題「初」のつく新年の句
五句出句十句選

大輪 靖宏 選

(特選)

朝日浴び山茶花今日の散り始め

健二

探梅の径ひろがりて空となる

静魚

寒満月何も怖れることはない

ちあき

鴨の陣乱されにけりパン礫

健二

帰るべき方向に立つ冬の虹

まありい

花びらもちほゝやはらかきをんなたち

久美子

ひと色の紅もて初日ゆたかなる

静魚

通夜の膳寿司白々と冬灯

都代子

凍空へ千の手伸びる大欅

ザザ虫

冬ぬくしのら猫に名をつけてみる

さむ

(並選)

筆下ろし生きる証の賀状書く

占爐

なんとなくほほえんでみる初鏡

さむ

七草をすらすら言ふ子頬紅し

幸子

寒晴れを来て彳亍と避難橋

水仙の容に海の切り取らる

都代子

母に似る声もしぐさも初笑ひ

知子

木の匙に一掬清し薺粥

都代子

客席に紙吹雪舞ふ初芝居

ちあき

初鏡白髪も皺も佳きものと

幸子

黒豆やめでたき色にはあらねども

純子

根来 久美子 選

(特選)

晩年は軽きがよろし海苔焙る

(並選)

ささやかな用まだあれど日向ぼこ

靖宏

初富士や平成の世もその先も

弥生

寒満月何も怖れることはない

ちあき

選り抜きの藁に囲まれ冬牡丹

健二

水仙の容に海の切り取らる

都代子

木の匙に一掬清し薺粥

都代子

初鏡白髪も皺も佳きものと

幸子

初夢に江戸ッ子の妣啖呵切る

弥生

村に残る老女五人の女正月

靖宏

河内 静魚 選

(特選)

年取れば分かると母の寒がりて

香文

ささやかな用まだあれど日向ぼこ

靖宏

晩年は軽きがよろし海苔焙る

(並選)

水鳥の一網打尽したきほど

健二

なんとなくほほえんでみる初鏡

さむ

真直ぐに伸びし記念樹初御空

久美子

鉄瓶の沸き立つ座あり福寿草

陽花

いたづらを相も変わらず初鴉

靖宏

黒豆やめでたき色にはあらねども

純子

今日の一句(自薦)

ささやかな用まだあれど日向ぼこ

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

花びらもちほゝやはらかきをんなたち

久美子

(根来久美子80文国)

探梅の径ひろがりて空となる

静魚

(河内房夫74文新)

鉄瓶の沸き立つ座あり福寿草

陽花

(野地陽子69外英)

木の匙に一掬清し薺粥

都代子

(坂井都代子66文英)

樹の傷の治療施し春を待つ

(鈴木榮64経経)

我の他すべて初もの年新た

占爐

(鈴木顯一62文哲)

七草をすらすら言ふ子頬紅し

幸子

(稲田幸子67文教)

新春や脛伸びし子の今年かな

(中村剛66文英)

初夢に江戸ッ子の妣啖呵切る

弥生

(岩淵純子64外英)

寒満月何も怖れることはない

ちあき

(國司千晶74文仏)

年取れば分かると母の寒がりて

香文

(田中香文79文国)

災を焦せよ焦せどんど焼

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

富士も入れ全員揃つて初写真

明子

(中村明子70文史)

晩年は軽きがよろし海苔焙る

(後藤洋68理物)

初日の出ここは船上赤道上

さむ

(新山修71経経)

鴨の陣乱されにけりパン礫

健二

(江澤健二60文英)

この勝負初亥詣での甲斐あつて

まありい

(吉迫まありい73国際)

電飾の氾濫わらふ冬銀河

知子

(山田知子79文国)

初写し膝すこし折り母の横

純子

(梅本純子82文仏)

次回例会

二月二十八日(木)十三時~十七時
(出句締切十三時半 十三時以前は、会場に入れませんのでお気を付けください)

句会場

かながわ県民センター1501会議室

兼題

「雪崩」 五句出句十句選

以上

ソフィア俳句会の最新情報

2024年06月03日

ソフィア俳句会
令和六年五月例会報告
兼題 薄暑

2024年05月13日

ソフィア俳句会
令和六年四月例会報告
兼題 囀

2024年04月09日

ソフィア俳句会
令和六年三月例会報告
兼題 椿

2024年03月04日

ソフィア俳句会
令和六年二月例会報告
兼題 春時雨

2024年02月05日

ソフィア俳句会
令和六年一月例会報告
兼題 除夜の鐘または去年今年

>> ソフィア俳句会 団体概要ページ