上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込みENGLISH
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 平成三十年五月例会報告

ソフィア俳句会 平成三十年五月例会報告

2018年06月14日

五月例会は、名誉教授・大輪靖宏先生はご多忙でしたので、根来久美子代表のもとに開催されました。
後日、お忙しい中を大輪先生からも選をいただき、また、俳句専門誌「俳句界」の編集長で同窓の河内静魚氏のゲスト参加がありましたので、静魚氏の選も併せてお届けします。

日  時

五月二十四日(木) 十三時~十六時

句会場

ソフィアンズクラブ会議室

参加者

二十名

兼  題

「新茶」 五句出句 十句選

(注)

*印はゲスト参加者
〇印は選者二者共選

大輪靖宏先生選
(特選)

蝦夷春蟬堰止められし湖静か

ちあき

(國司千晶74文仏)

草笛を吹けば母恋ふ少年に

陽花〇

(野地陽子69外英)

裸婦像の胸の眩しき新樹光

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

濡れ縁で新茶飲み干す庭師かな

幸子

(稲田幸子67文教)

節くれの手もみにとがる新茶の香

榮〇

(鈴木榮64経経)

びつしよりに濡れ噴水の落ちきたる

静魚*

(河内房夫74文新)

迅きことは美しと竹皮脱ぎ捨つる

久美子〇

(根来久美子80文国)

胸元を少し開いて若葉風

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

竹落葉音なき音を重ねけり

(鈴木榮64経経)

禅堂の香煙ゆらり若葉寒

(五十嵐克至60法法)

(並選)

茶揉みして甲に新茶の屑の筋

(五十嵐克至60法法)

人の世のならひにも似て新茶古茶

海村〇

(畔柳文雄68理物)

走り茶やかすかに匂ふよべの雨

陽花

(野地陽子69外英)

甘納豆一粒がよし新茶注ぐ

占爐

(鈴木顯一62文哲)

緑陰に語らひもなく老夫婦

まつ子

(中岡昭子67文教)

八百万の神々と飲む新茶かな

静魚*〇

(河内房夫74文新)

一日のリズムに汲める新茶かな

(内海秀夫60経経)

畳まれて夢をはぐくむ鯉のぼり

久美子

(根来久美子80文国)

カーテンに流るる時間新茶汲む

都代子〇

(坂井都代子66文英)

田植機に孫の相乗る日和かな

(鈴木榮64経経)

流鏑馬の的割る音や夏の空

(五十嵐克至60法法)

老鶯とはげまし合ふて山下る

海村〇

(畔柳文雄68理物)

曼荼羅の砂の宇宙に風光る

陽花

(野地陽子69外英)

これからのことなど新茶汲みながら

静魚*〇

(河内房夫74文新)

はためくは大志と未来鯉のぼり

久美子

(根来久美子80文国)

その雫珠玉となりて青葉雨

都代子

(坂井都代子66文英)

この町の自慢の水で新茶汲む

明子

(中村明子70文史)

薫風や庭球の音運びたり

香文

(田中香文79文国)

新茶淹れ最後の一滴香飲む

占爐

(鈴木顯一62文哲)

奢る薔薇百万本の息吹かな

(中村剛66文英)

弥撒終へし教会の庭風薫る

海村

(畔柳文雄68理物)

川の面の光散り散り若葉風

健二

(江澤健二60文英)

五月雨に雨だれ重し森の道

楽酔

(石田順之助60経商)

根来久美子選
(特選)

人の世のならひにも似て新茶古茶

海村〇

(畔柳文雄68理物)

母の日や褐色肌のマリア像

健二〇

(江澤健二60文英)

これからのことなど新茶汲みながら

静魚*〇

(河内房夫74文新)

節くれの手もみにとがる新茶の香

榮〇

(鈴木榮64経経)

とうめいな水見えてをり辰雄の忌

静魚*

(河内房夫74文新)

(並選)

八百万の神々と飲む新茶かな

静魚*〇

(河内房夫74文新)

封を切り弾け出でたる新茶かな

香文

(田中香文79文国)

数へ得ぬものに木々の葉新樹光

健二〇

(江澤健二60文英)

新茶届く京の息子の一言と

ちあき

(國司千晶74文仏)

ひとときを母在るごとく新茶汲む

まつ子〇

(中岡昭子67文教)

河内静魚選
(特選)

カーテンに流るる時間新茶汲む

都代子〇

(坂井都代子66文英)

(並選)

草笛を吹けば母恋ふ少年に

陽花〇

(野地陽子69外英)

母の日や褐色肌のマリア像

健二〇

(江澤健二60文英)

老鶯とはげまし合ふて山下る

海村〇

(畔柳文雄68理物)

数へ得ぬものに木々の葉新樹光

健二〇

(江澤健二60文英)

新茶汲む鳳凰堂を望むカフェ

(鈴木榮64経経)

迅きことは美しと竹皮脱ぎ捨つる

久美子〇

(根来久美子80文国)

ひとときを母在るごとく新茶汲む

まつ子〇

(中岡昭子67文教)

新茶淹れ頷くだけの夫の居て

幸子

(稲田幸子67文教)

窓枠にをさまらぬ白山ぼうし

香文

(田中香文79文国)

今日の一句(自薦)

カーテンに流るる時間新茶汲む

都代子

(坂井都代子66文英)

雑巾を縫つて持ち寄る聖五月

久美子

(根来久美子80文国)

むき出しの肩まだ白き新樹かな

(中村剛66文英)

ひとときを母在るごとく新茶汲む

まつ子

(中岡昭子67文教)

雨兆す喉ひくひくと雨蛙

(内海秀夫60経経)

草笛を吹けば母恋ふ少年に

陽花

(野地陽子69外英)

この町の自慢の水で新茶汲む

明子

(中村明子70文史)

窓枠にをさまらぬ白山ぼうし

香文

(田中香文79文国)

芥子坊主一人旅の子今何処に

幸子

(稲田幸子67文教)

明易や商人宿の今むかし

海村

(畔柳文雄68理物)

母の日や褐色肌のマリア像

健二

(江澤健二60文英)

禅堂の香煙ゆらり若葉寒

(五十嵐克至60法法)

節くれの手もみにとがる新茶の香

(鈴木榮64経経)

新茶淹れ最後の一滴香飲む

占爐

(鈴木顯一62文哲)

葺きをはり屋根屋飲み干す新茶かな

(新山修71経経)

五月雨に雨だれ重し森の道

楽酔

(石田順之助60経商)

達筆が無沙汰わびつつ新茶来る

扇治

(児山智明86文新)

とうめいな水見えてをり辰雄の忌

静魚

(河内房夫74文新)*

幟立て新茶振る舞ふ国訛

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

新茶届く京の息子の一言と

ちあき

(國司千晶74文仏)

次回例会

六月二十八日(木)十三時~十六時三十分
句会場 ソフィアンズクラブ会議室
兼題「紫陽花、七変化、四葩」
他当季雑詠とも計五句

以上

お問合せ先:

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: