上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込みENGLISH
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 令和二年八月例会(メール句会)報告

ソフィア俳句会 令和二年八月例会(メール句会)報告

2020年09月11日

今月もメール句会となりました。多数の参加を得、名誉教授・大輪靖宏先生の丁寧なご指導、俳句会代表の根来久美子氏のご尽力により成立しました。先生方の選句及び自薦句は以下の通りです。

参加者

二十九名

兼題

「残暑」「秋暑し」三句出句七句選

大輪靖宏選

(特選)

ぶぶ漬で済ます昼餉や秋暑し

海村

炎帝の居据る構へ大八洲

海村

明滅の息揃ふとき恋蛍

海村

暑さまだ残りて秋のただ暮れて

占爐

山間に激辛中華の残暑なる

占爐

鎌倉に夏残りゐて麦藁帽

占爐

ウェブ会議にまじる雑音終戦日

栄司

マニュアルに略語の多き残暑かな

栄司

自粛して八月十五日長し

栄司

鉄棒の錆の移り香秋暑し

虫送り灯影波打つ千枚田

オン・ザ・ロック氷崩るる秋暑し

若き父また帰り来る原爆忌

泣き声を競ふ産院夜の秋

陽花

手庇で眺む石庭残暑かな

父の臥す部屋に居残る暑さかな

知子

雷去りてかなかなの声湧き出ずる

明子

天命を果たして静か桐一葉

久美子

朝顔の葉の切先のすこやかさ

都代子

Tシャツの首よれよれと秋暑し

ふえり

脚摩り腰たたきおり冷房中

啓子

まづこれをここにかうして盆用意

純子

丈揃ひ野地蔵に添ひ曼珠沙華

幸子

子育てのはるかに遠し砂日傘

まつ子

送り火や鐘の音響く京五山

弥生

工場のダクトに夕陽蚊喰鳥

白き道のこる暑さに揺らめいて

怜子

南洋に残る遺骨や白芙蓉

由果

(並選)

ままごとのすし屋でつまむミント巻

深雪

秋暑し首の手拭さまになり

深雪

湯上りにタヲル三枚残暑かな

深雪

残暑とて朝の紅茶の香に気づく

怜子

上水の鯉をつかむと裸足の子

怜子

宿題をまへにため息残暑かな

さむ

はらからのまた一人へり秋の寺

さむ

ブラウスを出してはしまふ秋暑し

純子

手花火やおててにのせてと目輝く

純子

医者の日の往きも戻りも秋暑し

都代子

錆鮎を釣りぬと卓の電子音

都代子

ネオン管ショートしさうに熱帯夜

ふえり

流灯会読経流るる水の上

ふえり

トタン屋根残暑一気に引き受けて

幸子

到来の桃の香家を占領す

幸子

蟷螂や草刈し間にぬつと出づ

香文

朝のうち外で遊ぶ子秋暑し

香文

ぬか床の天地をかへす休暇明

まありい

初秋や絹糸のこま結ぶ指

まありい

ラジオより玉音終り残暑雲

子の通す小さき片意地花のうぜん

夕虹や先のことなどわからねど

ちあき

白波の沖まで立ちて原爆忌

ちあき

赤錆の門扉開け閉て盆帰省

知子

日は暮れて献立浮かばぬ残暑かな

知子

秋暑し火焔土器見る考古館

ザザ虫

丸の内ビルからビルへ秋暑し

ザザ虫

風を見て我慢続ける残暑かな

健二

晩夏光開拓の地のマリア像

陽花

鶏舎より残暑の風の吹き来る

線香花火波乱の生を全うす

久美子

太宰府の礎石の列に飛蝗とぶ

明子

根来久美子選

(特選)

大川を老の棹さす残暑かな

靖宏

古里の夜の深さに天の河

靖宏

鉄棒の錆の移り香秋暑し

天空に群れなす魚影秋来る

ウェブ会議にまじる雑音終戦日

栄司

マニュアルに略語の多き残暑かな

栄司

Tシャツの首よれよれと秋暑し

ふえり

明滅の息揃ふとき恋蛍

海村

子の通す小さき片意地花のうぜん

若き父また帰り来る原爆忌

(並選)

炎帝の居据る構へ大八洲

海村

はらからのまた一人へり秋の寺

さむ

子育てのはるかに遠し砂日傘

まつ子

送り火や鐘の音響く京五山

弥生

到来の桃の香家を占領す

幸子

今日の一句(自薦)

古里の夜の深さに天の河

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

天命を果たして静か桐一葉

久美子

(根来久美子80文国)

暑さまだ残りて秋のただ暮れて

占爐

(鈴木顯一62文哲)

天空に群れなす魚影秋来る

(鈴木榮64経経)

若き父また帰り来る原爆忌

(中村剛66文英)

送り火や鐘の音響く京五山

弥生

(岩淵純子64外英)

甲子園走者一掃秋暑し

さむ

(新山修71経経)

炎帝の居据る構へ大八洲

海村

(畔柳文雄68物理)

手庇で眺む石庭残暑かな

(五十嵐克至60法法)

残暑かな火焔土器見る考古館

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

手枕の寝釈迦の眠る残暑かな

(後藤洋68物理)

トタン屋根残暑一気に引き受けて

幸子

(稲田幸子67文教)

風を見て我慢続ける残暑かな

健二

(江澤健二60文英)

朝顔の葉の切先のすこやかさ

都代子

(坂井都代子66文英)

灼熱の墓地考へ話すも手短に

香文

(田中香文79文国)

流灯会読経流るる水の上

ふえり

(廣野ふえり82文社)

父の臥す部屋に居残る暑さかな

知子

(山田知子79文国)

ぬか床の天地をかへす休暇明

まありい

(吉迫まありい73国際)

昼下り開かぬ踏み切り残暑なほ

明子

(中村明子70文史)

世に有リてジレンマの中秋暑し

まつ子

(中岡昭子67文教)

残暑とて朝の紅茶の香に気づく

怜子

(和高怜子67文新)

ステイホーム残る暑さの不協和音

陽花

(野地陽子69外英)

ままごとのすし屋でつまむミント巻

深雪

(岩瀬深雪78外独)

戦闘機山の向かうに秋の風

(松尾哲94理機)

脚摩り腰たたきおり冷房中

啓子

(永井啓子67文新)

ウェブ会議にまじる雑音終戦日

栄司

(仲英司82外独)

手花火やおててにのせてと目輝く

純子

(梅本純子82文仏)

戸をこつとやんまに祖々のけはひかな

由果

(小谷由果04文国)

白波の沖まで立ちて原爆忌

ちあき

(國司千晶74文仏)

次回例会

今月同様メール句会となります。

締切:

9月24日(木曜)13時(時間厳守)

兼題:

「爽やか」(爽涼・さやけし・さやか)

以上

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: