上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込みENGLISH
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 令和二年五月例会(メール句会)報告

ソフィア俳句会 令和二年五月例会(メール句会)報告

2020年06月17日

今月もメール句会となりました。多数の参加を得、名誉教授・大輪靖宏先生の丁寧なご指導、俳句会代表の根来久美子氏のご尽力により成立しました。先生方の選句及び自薦句は以下の通りです。

参加者

三十二名

兼題

「卯波」三句出句七句選

大輪 靖宏 選

(特選)

蔵に遺る津波の記録桐の花

陽花

卯波立つ魚の匂ひの浦賀みち

陽花

卯波立つ湾を巧みにタグボート

ふえり

新しき風の背に乗り卯波立つ

久美子

卯波立つ入江に舫ふ盥舟

そよ風に音を重ぬる小判草

卯の花のほろほろ散りて波の立つ

占爐

卯月とは花も波さへ白かりき

占爐

老鶯と歩の音のみぞ朝散歩

香文

江の島の沖の雄雄しき卯波晴れ

船窓をたたく卯波と空の青

青あらし踊るジーンズ物干場

さむ

音もなく砂丘襲ひし初ゆだち

さむ

落つる陽に水平線の卯波濃く

まつ子

川の面の光を微塵青嵐

健二

新緑の中の鳥居を潜りけり

ちあき

早鞆の瀬戸に降る雨立つ卯浪

卯波立つ海の色濃く島フェリー

怜子

拡声器の豆腐屋来たり夕薄暑

知子

新樹光補助輪の音響かせて

明子

小糠雨堂裏著莪の花明かり

幸子

見えて来し塔はシャルトル麦の秋

海村

海神を祀る岬や卯波立つ

由果

鳥海山田水に雪形映し夏

弥生

卯波染め沈む夕日は山陰に

まつ子

群青の湾に潮満ち卯波立つ

距離感の距離がわからずかたつむり

栄司

(並選)

卯波立つ彫師伊八の欄間かな

ザザ虫

山毛欅の幹心音聴こゆ五月かな

ザザ虫

二丁櫓で渡る小島や卯波立つ

海村

芝居小屋みな閉ぢられて傘雨の忌

海村

富士を背に卯波の先に烏帽子岩

まつ子

胡瓜もて句を詠み初むる五歳かな

由果

道沿ひに群羊のごと若葉立つ

深雪

ドローンの映す湘南卯波立つ

知子

剥く手間も楽しや蕗の翡翠色

知子

海鳥や卯波見下ろし風となり

由貴

夏木立笑ひさざめく通学路

由貴

外苑のたそがれ優し夏衣

迫り上がる噴水の水の落ちどころ

沖に立つ白き卯波を待つサーファー

啓子

卯波寄せ胸のもやくや洗はれる

まありい

子蟹追ふ赤いかっこの遠い音

まありい

卯月浪自律神経荒れもやう

まありい

卯波たつ小貝の簾揺れる店

占爐

藤房を揺らし目白の遊ぶらし

弥生

国境の海よりきたる卯波かな

栄司

緊急事態宣言解除のあとの走り梅雨

栄司

他人(ひと)の目は気にせず行かう芥子坊主

幸子

日傘差す少しく人を遠ざけて

ふえり

黒船の沖をはるかに夏燕

陽花

我慢することも息災がまがへる

子守唄邪魔せぬやうに夏落葉

久美子

点描の卯波一筆に水平線

こんな日は白いドレスに薔薇挿して

ちあき

海溝に立てし釣糸卯波切る

小さき水脈残して川の青大将

卯波分け漁船は帰る田子の浦

明子

もてなしは庭のたけのこ汁に入れ

明子

根来 久美子 選

(特選)

人間の恋ははかなし更衣

靖宏

蔵に遺る津波の記録桐の花

陽花

我慢することも息災がまがへる

見えて来し塔はシャルトル麦の秋

海村

距離感の距離がわからずかたつむり

栄司

(並選)

卯波立つ彫師伊八の欄間かな

ザザ虫

二丁櫓で渡る小島や卯波立つ

海村

芝居小屋みな閉ぢられて傘雨の忌

海村

草いきれ錆びし鉄路の涯見えず

靖宏

青あらし踊るジーンズ物干場

さむ

川の面の光を微塵青嵐

健二

新緑の中の鳥居を潜りけり

ちあき

こんな日は白いドレスに薔薇挿して

ちあき

日傘差す少しく人を遠ざけて

ふえり

拡声器の豆腐屋来たり夕薄暑

知子

小糠雨堂裏著莪の花明かり

幸子

今日の一句(自薦)

人間の恋ははかなし更衣

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

新しき風の背に乗り卯波立つ

久美子

(根来久美子80文国)

卯の花のほろほろ散りて波の立つ

占爐

(鈴木顕一62文哲)

我慢することも息災がまがへる

(鈴木榮64経経)

迫り上がる噴水の水の落ちどころ

(中村剛66文英)

鳥海山田水に雪形映し夏

弥生

(岩淵純子64外英)

枇杷の実の見目やさしくも種にくし

さむ

(新山修71経経)

見えて来し塔はシャルトル麦の秋

海村

(畔柳文雄68理物)

船窓をたたく卯波と空の青

(五十嵐克至60法法)

卯波立つ彫師伊八の欄間かな

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

ホップステップジャンプ尺蠖綴る二寸ほど

(後藤 洋68物理)

小糠雨堂裏著莪の花明かり

幸子

(稲田幸子67文教)

横抱きのサーフボードや卯波立つ

健二

(江澤健二60文英)

卯波寄す防波堤を朝日かな

都代子

(坂井都代子66文英)

柿の花石に積もりて咲くを知り

香文

(田中香文79文国)

日傘差す少しく人を遠ざけて

ふえり

(廣野ふえり82文社)

ドローンの映す湘南卯波立つ

知子

(山田知子79文国)

子蟹追ふ赤いかっこの遠い音

まありい

(吉迫まありい73国際)

もてなしは庭のたけのこ汁に入れ

明子

(中村明子70文史)

卯波染め沈む夕日は山陰に

まつ子

(中岡昭子67文教)

卯波立つ海の色濃く島フェリー

怜子

(和高怜子67文新)

今コロナ家中楽し子どもの日

節子

(國島節子78外英)

卯波立つ魚の匂ひの浦賀みち

陽花

(野地陽子69外英)

道沿ひに群羊のごと若葉立つ

深雪

(岩瀬深雪78外独)

海溝に立てし釣糸卯波切る

(松尾哲94理機)

卯波来て子らの砂城を崩しさり

啓子

(永井啓子67文新)

海鳥や卯波見下ろし風となり

由貴

(レイトン由貴80文国)

緊急事態宣言解除のあとの走り梅雨

栄司

(仲英司82外独)

半袖の味なり母の豆ごはん

純子

(梅本純子82文仏)

触れ合へば何も変わらぬ卯波かな

美音

(向瀬美音82外独)

海神を祀る岬や卯波立つ

由果

(小谷由果04文国)

こんな日は白いドレスに薔薇挿して

ちあき

(國司千晶74文仏)

次回例会

今月同様メール句会となります。

投句締切:

6月25日(木)13時

投句数 :

兼題「万緑」を含む3句(自薦句を明記)

以上

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: