上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込み
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 令和二年四月例会(メール句会)報告

ソフィア俳句会 令和二年四月例会(メール句会)報告

2020年05月14日

新型コロナウイルス感染の影響により、予定されておりました句会は今月もメール句会となりました。多数の参加を得、名誉教授・大輪靖宏先生の丁寧なご指導、俳句会代表の根来久美子氏のご尽力により成立しました。
先生方の選句及び自薦句は以下の通りです。

参加者

三十名

兼題

「朧月」「月おぼろ」三句出句七句選

大輪 靖宏 選

(特選)

帝劇を出で濠端の月おぼろ

海村

朧月トロイメライの夢の中

啓子

張替し網戸五枚の夏隣

光陰を宿して遠嶺朧なる

春潮や浜の神社は色褪せて

ふえり

散る花を踏めば東に月朧ろ

占爐

気に入りの物件らしき巣箱かな

ザザ虫

道端の小花と語るや月おぼろ

由貴

やはらかに畦踏み春を惜しみけり

陽花

月朧影の溶けあふ二人づれ

弥生

本閉じてひとりうたた寝月おぼろ

節子

朧夜のこゑかけてほしたれとなく

海村

月朧蛇皮線遠く旅寝かな

さむ

おぼろ月散る花びらを手に誘ひ

由貴

友遠く寄る辺なき手に春火鉢

扇治

休校のままの黒板おぼろ月

陽花

のどけしや雲の兎は亀形に

久美子

たんぽぽを避(よ)けてよちよち双子かな

幸子

おぼろ夜の夫の賄ふ親子丼

鍵盤を跳ねる指先日脚伸ぶ

ザザ虫

往還のなければつもる春の雪

海村

マスク買ふ列に加はる花の冷え

ふえり

家居には幸い多き花の雨

深雪

桜散る愛でる人なき街無色

弥生

ハミングに春の星々呼応せり

都代子

カップ手に囀りを聴く朝かな

明子

猫の恋変はらず地球廻りけり

扇治

子ども食堂閉ぢる貼紙鳥ぐもり

陽花

野路すみれ地蔵を囲み広がりぬ

幸子

生国はお江戸深川てふ蛙

久美子

朧夜のひとり宅飲みほろ苦き

まありい

而して議論の果ての朧かな

栄司

(並選)

朧月見上ぐ兵士ら板門店

さむ

朧夜の話だんだん大きくなる

栄司

外つ国の友案ずるや月おぼろ

深雪

チューリップスーパームーンの影に乗り

線香の煙まっすぐ朧月

まつ子

何処からか夕餉の匂ひ月朧

弥生

風信子パリの下宿で文を書く

節子

厭離穢土祈り包んで月おぼろ

久美子

盛り場も声をひそめし月おぼろ

扇治

サーカスのテントの上のおぼろ月

ちあき

舞ふ桜乳母車から手のにゆつと

香文

江ノ電の一駅だけの春の虹

まつ子

飼猫の後ろ姿や月朧

怜子

蛙鳴(あめい)いま闇に鍛へし喉遣ひ

会ひたしと交はすメールやおぼろ月

ふえり

春の宵手持無沙汰のラーメン屋

知子

さねかずら着物男子の裾捌き

まありい

目にやさし庭に広がる春の草

明子

長居して急ぐ家路に朧月

香文

覚束な令和二年の蜷の道

琴の音に歩み返して路地の春

まつ子

蛤の砂を出す間に三句出来

さむ

切りたての髪揺るる肩おぼろ月

由貴

立ち止まる花舗の店先イースター

ちあき

朧月数独に耽る日もあり

香文

誰れ彼れに声かけまほし春の宵

母と娘のひそひそ話月おぼろ

知子

根来 久美子 選

(特選)

光陰を宿して遠嶺朧なる

気に入りの物件らしき巣箱かな

ザザ虫

広き野をたどれば孤独月おぼろ

靖宏

休校のままの黒板おぼろ月

陽花

子ども食堂閉ぢる貼紙鳥ぐもり

陽花

(並選)

帝劇を出で濠端の月おぼろ

海村

外つ国の友案ずるや月おぼろ

深雪

月朧影の溶けあふ二人づれ

弥生

江ノ電の一駅だけの春の虹

まつ子

おぼろ月散る花びらを手に誘ひ

由貴

おぼろ夜の夫の賄ふ親子丼

覚束な令和二年の蜷の道

ハミングに春の星々呼応せり

都代子

疫病の街なれば蝶よろけ飛ぶ

靖宏

母と娘のひそひそ話月おぼろ

知子

今日の一句(自薦)

広き野をたどれば孤独月おぼろ

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

のどけしや雲の兎は亀形に

久美子

(根来久美子80文国)

はしるのは雲かわが身か月朧ろ

占爐

(鈴木顕一62文哲)

走り根の大石抱く穀雨かな

(鈴木榮64経経)

花吹雪痛みし春も連れて舞へ

(中村剛66文英)

何処からか夕餉の匂ひ月朧

弥生

(岩淵純子64外英)

朧月見上ぐ兵士ら板門店

さむ

(新山修71経経)

往還のなければつもる春の雪

海村

(畔柳文雄68理物)

鐘おぼろ今日一日に不可もなし

(五十嵐克至60法法)

気に入りの物件らしき巣箱かな

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

蛙鳴(あめい)いま闇に鍛へし喉遣ひ

(後藤 洋68物理)

また一つ延期となりて月おぼろ

幸子

(稲田幸子67文教)

漸減の平均余命朧月

健二

(江澤健二60文英)

連結の灯の遠ざかる朧月

都代子

(坂井都代子66文英)

舞ふ桜乳母車から手のにゆつと

香文

(田中香文79文国)

春潮や浜の神社は色褪せて

ふえり

(廣野ふえり82文社)

路地売りの筍茹でし乳の色

知子

(山田知子79文国)

缶詰の創作料理日永かな

まありい

(吉迫まありい73国際)

カップ手に囀りを聴く朝かな

明子

(中村明子70文史)

江ノ電の一駅だけの春の虹

まつ子

(中岡昭子67文教)

飼猫の後ろ姿や月朧

怜子

(和高怜子67文新)

本閉じてひとりうたた寝月おぼろ

節子

(國島節子78外英)

休校のままの黒板おぼろ月

陽花

(野地陽子69外英)

外つ国の友案ずるや月おぼろ

深雪

(岩瀬深雪78外独)

鉄道橋また朧夜をまたぐ音

(松尾哲94理機)

末広に筋雲かかる春の海

啓子

(永井啓子67文新)

友遠く寄る辺なき手に春火鉢

扇冶

(児山智明86文新)

おぼろ月散る花びらを手に誘ひ

由貴

(レイトン由貴80文国)

朧夜の話だんだん大きくなる

栄司

(仲 英司82外独)

月朧黒豹するり柵抜けて

ちあき

(國司千晶74文仏)

次回例会

今月同様メール句会となります。

投句締切:

5月28日(木)13時

投句数 :

兼題「卯波」を含む3句(自薦句を明記)

以上

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: