上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込み
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 令和二年三月例会(メール句会)報告

ソフィア俳句会 令和二年三月例会(メール句会)報告

2020年04月13日

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、予定されておりました句会は、初めてメールによるネット句会となりました。多数の参加を得、名誉教授・大輪靖宏先生の丁寧なご指導、俳句会代表の根来久美子氏のご尽力により成立しました。先生方の選句及び自薦句は以下の通りです。

参加者

二十八名

兼題

「東風」三句出句五句選

大輪 靖宏 選

(特選)

目印は屋根越すミモザ友の家

香文

信号待ちの皆同じ向き東風荒らし

香文

啓蟄や人は家居の日の続く

香文

醍醐寺を隈なく染めし桜東風 

久美子

亀鳴くや埴輪ぽかんと口を開け

久美子

花菜漬散らす弁当大と小

久美子

引鴨や終の別れとなるものも

海村

強東風に鈴の途切るる札所道

海村

来てみればいつも梅東風父の墓

弥生

梅東風や烈公揮毫の寺の門

弥生

蝌蚪の尾の気儘気紛れ水任せ

この水を遊び尽くして鴨帰る

梅東風や古都の香りを連れてくる

美音

どこまでが雲どこまでが花朧

美音

桜東風庭掃く夫の手の止まず

占爐

東風日和園児と砂場に無我の刻

占爐

勇ましく飛ぶは雉鳩春一番

健二

東風吹いて八百屋に並ぶ地物かな

健二

春の雪色づく花芽(かが)に紗をかけて

怜子

願わくば日々安らかに水温む

節子

木道の日差しの先や小灰蝶

生まれたて蒲公英のいろ空にのび

純子

強東風にマストの音が忙しく

まつ子

強東風や海山迫る小樽線

陽花

ものの芽のほぐれて紅く透きとほる

まありぃ

おまけだよこごみを貰ひたらの芽も

幸子

(並選)

はなむけの文書き居れば春の雪

ふえり

菜の花を荒ぐくりして無人店

ふえり

記念樹の上は大空雲雀東風

ふえり

パンジーのスープいただくおままごと

明子

富士そびゆ笑ふ山々従へて

明子

ヘウ柄のオバチャン笑ひ街に春

さむ

東風吹きて湯島の絵馬のカラコロン

さむ

石仏十二並んで東風祝ふ

指貫や春光虚ろ母恋し

あちこちで愚痴聞く日なり東風強し

占爐

月おぼろ尼さま手箱ひらきけり

陽花

作業場のニッカボッカに東風強し

幸子

梅東風や絵馬に二文字希望校

ザザ虫

強東風やばつと両手をひろげ受く

純子

白絵具ひとすじ刷けり春の空

まありぃ

人の声みなこころよし春眠し

弥生

東風受けて小さく波たて杜の池

まつ子

東風吹きてセーラー服の襟の立つ

知子

東風吹けば黒髪に目の流さるる

諍ひて春の苺の酸つぱくて

花の幹人の往還見つづけて

怜子

春の雪戦時の逸話読みゐれば

都代子

ものの芽や皆一斉に上を向き

美音

根来 久美子 選

(特選)

豪農の七段飾り享保雛

靖宏

はなむけの文書き居れば春の雪

ふえり

この水を遊び尽くして鴨帰る

(並選)

来てみればいつも梅東風父の墓

弥生

人の声みなこころよし春眠し

弥生

朝東風や迂回おほきく渡し舟

海村

引鴨や終の別れとなるものも

海村

月おぼろ尼さま手箱ひらきけり

陽花

二時四十六分みちのくに春の虹

ちあき

的を射し上馬一騎の花の道

蕗の薹採りて今宵は妻と酒

靖宏

虚深き大樹千年告ぐる花

啓蟄や人は家居の日の続く

香文

ものの芽のほぐれて紅く透きとほる

まありぃ

花の幹人の往還見つづけて

怜子

今日の一句(自薦)

豪農の七段飾り享保雛

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

亀鳴くや埴輪ぽかんと口を開け

久美子

(根来久美子80文国)

東風日和園児と砂場に無我の刻

占爐

(鈴木顕一62文哲)

虚深き大樹千年告ぐる花

(鈴木榮64経経)

徒桜春に背いて散り惜しめ

(中村剛66文英)

来てみればいつも梅東風父の墓

弥生

(岩淵純子64外英)

ヘウ柄のオバチャン笑ひ街に春

さむ

(新山修71経経)

朝東風や迂回おほきく渡し舟

海村

(畔柳文雄68理物)

端々に国の訛りや土匂ふ

(五十嵐克至60法法)

梅東風や絵馬に二文字希望校

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

ベランダへ東風くる頃の世に暮らす

(後藤 洋68物理)

花吹雪姉やの棺遠く消ゆ

幸子

(稲田幸子67文教)

東風吹いて八百屋に並ぶ地物かな

健二

(江澤健二60文英)

多羅の木のつんと突つ立ち芽のつんと

都代子

(坂井都代子66文英)

目印は屋根越すミモザ友の家

香文

(田中香文79文国)

はなむけの文書き居れば春の雪

ふえり

(廣野ふえり82文社)

東風吹くや仕事帰りの鯛焼屋

知子

(山田知子79文国)

白絵具ひとすじ刷けり春の空

まありい

(吉迫まありい73国際)

光満ち窓が大きく見える朝

明子

(中村明子70文史)

神の意思何処にあるのか桜咲く

まつ子

(中岡昭子67文教)

花の幹人の往還見つづけて

怜子

(和高怜子67文新)

東風吹きて我踊るなり赤い靴

節子

(國島節子78外英)

月おぼろ尼さま手箱ひらきけり

陽花

(野地陽子69外英)

悍ましきコロナ負かせむ東風よ吹け

深雪

(岩瀬深雪78外独)

ものの芽や皆一斉に上を向き

美音

(向瀬美音82外独)

強東風やばつと両手をひろげ受く

純子

(梅本純子82文仏)

東風吹きて埋立の丘海へいず

(松尾哲94理機)

二時四十六分みちのくに春の虹

ちあき

(國司千晶74文仏)

次回例会

今月同様メール句会となります。

投句締切:

4月23日(木)13時

投句数 :

兼題「朧月」または「月おぼろ」を含む3句(自薦句を明記)

以上

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: