上智大学ソフィア会
お問い合わせ記事掲載申込み
住所変更・メールニュースの受信登録はこちらから Online Registration
ソフィアンズクラブ

HOME > 各種ソフィア会 > ソフィア俳句会 平成二十八年八月例会報告とお知らせ

ソフィア俳句会 平成二十八年八月例会報告とお知らせ

2016年09月01日

名誉教授・大輪靖宏先生を指導者にお迎えして、昨年1月に新ソフィア俳句会が誕生して以来、和気藹々と俳句を楽しんでおります。2016年8月例会を開催しましたのでご報告いたします。
俳句関係者、会員から好評を得ており、着実に裾野をひろげるべく尽力中です。

日  時

八月二十五日(木)十三時~十六時

句会場

上野「東京文化会館」4階小会議室1

参加者

二十二名

兼  題

「踊」   五句出句 十句選
(注)作句者 國司千晶(74文仏)さんは 今月からの 新入会員です。
  また 堀収子(80文国)さんは 神戸から 偶々上京し、参加されたゲストです。
  作句者の○印は選者共選

大輪靖宏 選
(特選)

一分の黙禱長し蟬しぐれ

ちあき○

(國司千晶74文仏)

手踊りの影ゆるゆると深き夜へ

収子*

(堀収子80文国)

踊りぬく太古の血潮たぎらせて

久美子

(根来久美子80文国)

よそ者を手ぶりで誘ふ踊の輪

知子

(山田知子79文国)

新涼や象の背にのる菩薩像

まありい

(吉迫まありい73国際)

茶屋町の狐日和や踊笠

陽花

(野地陽子69外英)

小気味よき女踊りの下駄捌き

榮○

(鈴木榮64経経)

輪に入りて夢のごとくに踊りけり

美音

(向瀬美音82外独)

この秋思残る命の砂時計

小園

(粕谷滋夫60外西)

ふと風が手を休ませる初秋かな

幸子

(稲田幸子67文教)

(並選)

誰も来ぬ別荘に蛾の動かざる

久美子

(根来久美子80文国)

利酒の蛇の目の猪口の青く澄み

怜子

(和高怜子67文新)

今朝の秋指を零るる化粧水

都代子

(坂井都代子66文英)

雨どひを登りし蔓や雲の峰

知子○

(山田知子79文国)

踊る波郡上の空の白むまで

陽花

(野地陽子69外英)

颱風の去りて雲間の茜色

幸子

(稲田幸子67文教)

白雨去りくわつと陽の射す空地かな

(中村剛66文英)

宿題をしてゐて遠く踊唄

ちあき○

(國司千晶74文仏)

塩茹では別物なりや落花生

香文

(田中香文79文国)

明くるまで鳴き続けたり迷ひ蝉

知子

(山田知子79文国)

百八の送り火に雨鳥居形

まありい

(吉迫まありい73国際)

底紅や心に潜む夢の色

健二

(江澤健二60文英)

盆踊久しぶりの娘垢抜けて

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

櫓からをどりの振りの伝授かな

まありい

(吉迫まありい73国際)

賓頭盧の黒き御顔や堂日陰

(五十嵐克至60法法)

秋空は母の好みし濃さの蒼

収子*

(堀収子80文国)

灯籠にかんばせ揺らぐ踊りの輪

怜子

(和高怜子67文新)

下駄の緒の少しなれるや盆踊

(五十嵐克至60法法)

踊る娘の指先までも艶やかに

香文

(田中香文79文国)

湧く雲や一期の蝉の声激し

剛○

(中村剛66文英)

根来久美子 選
(特選)

へうたんの曲線くくる赤い紐

まありい

(吉迫まありい73国際)

(並選)

迎火や表札替へし母の筆

小園

(粕谷滋夫60外西)

闇より手ぐいと踊の輪を外れ

ちあき

(國司千晶74文仏)

湾越しの富士を引き寄せ梅雨明けぬ

(内海秀夫60経経)

ついと背を押され輪に入るをどりかな

ちあき

(國司千晶74文仏)

今日の一句(自薦)

渡り蟹十字結びに畏まる

(鈴木榮64経経)

利酒の蛇の目の猪口の青く澄み

怜子

(和高怜子67文新)

踊る輪やうしろ姿に惚れ直し

占爐

(鈴木顯一62文哲)

宿題をしてゐて遠く踊唄

ちあき

(國司千晶74文仏)

踊りぬく太古の血潮たぎらせて

久美子

(根来久美子80文国)

底紅や心に潜む夢の色

健二

(江澤健二60文英)

盆踊久しぶりの娘垢抜けて

ザザ虫

(小池拓夫64法法)

故郷は昔のままの盆踊り

靖宏

(大輪靖宏名誉教授)

櫓からをどりの振りの伝授かな

まありい

(吉迫まありい73国際)

よそ者を手ぶりで誘ふ踊の輪

知子

(山田知子79文国)

賓頭盧の黒き御顔や堂日陰

(五十嵐克至60法法)

たをやかに差す手引く手や盆踊り

金八

(行方謹四郎60経経)

寝城から日の出に群れて発つ雀

楽酔

(石田順之助60経商)

白粉花やゆかぬと決めし同窓会

都代子

(坂井都代子66文英)

湾越しの富士を引き寄せ梅雨明けぬ

(内海秀夫60経経)

茶屋町の狐日和や踊笠

陽花

(野地陽子69外英)

秋空は母の好みし濃さの蒼

収子*

(堀収子80文国)

物干しの死せる蜩流れ星

小園

(粕谷滋夫60外西)

輪に入りて夢のごとくに踊りけり

美音

(向瀬美音82外独)

踊る娘の指先までも艶やかに

香文

(田中香文79文国)

湧く雲や一期の蝉の声激し

(中村剛66文英)

ふと風が手を休ませる初秋かな

幸子

(稲田幸子67文教)

次回例会

平成二十八年九月二十二日()十三時~十六時
紀尾井坂ビル五階第三会議室
兼題「虫」 他当季雑詠 共 計五句

どなたでもご参加できます。

ソフィア俳句会

▲PAGE TOP

| サイトポリシー | 個人情報保護に関する基本方針 | 政治に関するガイドライン | サイトマップ | 上智大学ビジュアル・アイデンティティについて |

Copyright © Sophia Alumni Association.

上智大学ソフィア会公式Webサイト
発行: 上智大学ソフィア会
編集局: 〒102-8554 東京都千代田区紀尾井町7-1 上智大学ソフィア会事務局内
Tel: 03-3238-3041 Fax: 03-3238-3028 E-mail: