HOME > 各種ソフィア会 > 金祝燦燦会:  第13回留学生俳句コンテスト(2023年秋/冬編)の表彰式を開催各種ソフィア会

金祝燦燦会:
第13回留学生俳句コンテスト(2023年秋/冬編)の表彰式を開催

2024年02月19日

 金祝燦燦会は、留学生による第13回俳句コンテスト2023秋/冬編の表彰式を前回に引き続きZoomによるオンラインで1月19日に開催しました。
 今回は6ヶ国の留学生7名から全24句の応募があり、表彰式は学生が出席し易いように昼休み時間の1時間のみを使って行われました。毎回ご出席を戴いているサリー理事長および曄道学長は今回海外出張中の為残念ながらご出席戴けませんでしたが、大塚総務担当理事、永井副学長、柳澤学生局長、また日比谷ソフィア会副会長にもご臨席戴いた上でそれぞれ貴重なお言葉を戴きました。途中での出入りはあったものの応募留学生、ご来賓の方々、俳句選者の方々及び燦燦会からの出席者を含めて盛会の中で進められました。
 式は前回同様にPPT画面でのスライド形式で行われ、出席者の各PC画面上に日本語俳句の入選作3句、および英語俳句の入選作5句、更には俳句翻訳者特別賞1句が次々と発表され、その場面に応じ留学生本人による自句の朗読後に金祝燦燦会畔柳会長(1968 理物)からは画面上にて賞状が授与され、あたかも表彰式の実況放送を観ているような臨場感のあるものでした。また受賞者には後ほど賞状が手渡され、またそれぞれの賞金が振込まれることが伝えられました。
 日本語俳句の選は今回もソフィア俳句会の皆さまにお願いしましたが、日本語俳句の入選3句に対する的確で初心者の句作りに参考になるようなご講評は、選者のお一人でもあるソフィア俳句会代表の根来氏(1980 文国)から戴きました。
 その後、英語俳句の選者で今回残念ながらご欠席の元学長カリー神父様からの入選句へのご講評の紹介。それに続き、同じく選者のFLA(国際教養学部)学部長ユー先生及びFLA教授トンプソン先生のお二人の先生からは入選句1句1句に対する感動的なご講評を戴きました。なお英語俳句のその他の選者にはソフィア俳句会の吉迫氏(1973 国際)にもお願いしました。
 最後に本俳句コンテストの呼び物の一つとなっている金祝燦燦会の谷地元氏(1969 外露)による英語入選作品5句及び翻訳者特別賞1句についての和訳句が披露されその解説をして戴きました。

 日本語俳句部門の優秀賞は中国出身のチン・メイシンさん、佳作賞は中国出身のウー・ビンさんと東チモール出身のジョバニア・ガレットさんに贈られました。また英語俳句部門では優秀賞はベトナム出身のゴー・ミン・ハンさん、米国出身のレイラ・チャップマンさん、及び韓国出身のジョン・ミンジュさんの3名に、また佳作賞は東チモール出身ジョバニア・ガレットさんとインド出身のジテシュ・サパワットさんがそれぞれ受賞されました。 更にジテシュ・サパワットさんには英語俳句の翻訳者特別賞の記念品が贈られました。

最後に英語俳句の翻訳者特別賞作品及びその和訳句を披露いたします。


英語俳句翻訳者特別賞

Snow conceal the earth
 Winter's cuddle, pious and cold
  Nature's pleasant sleep
(ジテシュ・サパワットさん作)

和訳:
冬本番 信心に包まれ眠る
(谷地元瑛子氏訳)


(文責)金祝燦燦会 後藤 洋(1968 理物)

上智大学金祝燦燦会の最新情報

2024年05月10日

金祝燦燦会:
第10回 留学生による「日本語スピーチコンテスト」開催 5/26(日)
Sophia Goldenagers' Club:The 10th Japanese Speech Contest for International Students at Sophia University

2024年05月08日

金祝燦燦会がニューズレター第9号を発行
- 今年度総会、第2回上智大学留学生夢支援懸賞論文奨学金など

2024年02月19日

金祝燦燦会:
第13回留学生俳句コンテスト(2023年秋/冬編)の表彰式を開催

2024年01月25日

金祝燦燦会‐第2回上智大学留学生夢支援懸賞論文奨学金の授与式が開催されました

2023年11月16日

金祝燦燦会がニューズレター第8号を発行
- 英語俳句の和訳の奇跡を解く

>> 上智大学金祝燦燦会 団体概要ページ