HOME > 学部・学科同窓会 > 法学部同窓会(SLA)がセミナーシリーズ第2回と新年交流会を開催学部・学科同窓会

法学部同窓会(SLA)がセミナーシリーズ第2回と新年交流会を開催

2015年02月10日

 上智大学法学部同窓会(SLA)は1月13日(火)午後6時半から、2号館13階の法学部大会議室においてSLAセミナーシリーズ「法と実務の最前線」の第2回を開催しました。テーマは「従業員の発明は誰のものか?-職務発明をめぐる論争の背景とわが国の今後の知財政策」。講師は法学部の駒田泰土教授で、法学部卒業生を中心に他学部卒業生、教職員など学校関係者合計30名以上が参加しました。
 青色LED発明の業績を評価され中村修二教授が、ノーベル物理学賞を受賞しましたが、同教授が批判しているのが、現在職務上された発明を会社に帰属させる方向で議論されている日本の特許法改正の動きです。この法改正にはそれ相応の意義があるのか。駒田教授は、近年の職務発明をめぐる活発な法的議論の背景を解説。その後、参加者からも多くの質問、意見が出されました。
 セミナー終了後は、参加者のほとんどが四谷駅前のスクワール麹町に移動。1階のフローラルを会場にSLA新年交流会を行いました。この交流会に合わせて参加された方も多く、遅くまでにぎやかに歓談が続きました。
 法学部同窓会は、このSLAセミナーシリーズを今後も定期的に開催していく予定です。今後も時宜に合った企画をお知らせしますので、ぜひご参加ください。法学部卒業生だけでなく、他学部の卒業生も無料で参加できます。

上智大学法学部同窓会会長 辻伸行(74法法)
文責 宍戸周夫(71法法、副会長・広報委員長)

法学部同窓会の最新情報

2024年05月22日

法学部同窓会主催
第11回「お江戸散策」のご案内
6月15日(土)

2024年03月04日

法学部同窓会主催
第5回「音楽の夕べ」開催報告

2024年01月12日

法学部同窓会主催第5回「音楽の夕べ」のご案内 2月3日(土)

2023年11月13日

上智大学法学部同窓会主催
第23回セミナー「法と実務の最前線」のご案内
11月21日(火)

2023年10月24日

法学部同窓会
第10回お江戸散策の開催のご案内
11月11日(土)

>> 法学部同窓会 団体概要ページ